ブログの過去記事を御読みになりたければ、各"カテゴリー"(製作雑多・TIPS・From Stream and Lake ・・・)をクリックしてください。そうすれば、それぞれの過去の記事を見ることが出来ます。

御手数ですが宜しくお願いいたします。

レテノール Two フェイス

今年もこんなのやってみました。

 

イーハトーブログ 2018年ヒメマス十和田湖カラー

 

アマトンに続いて、レテノールをヒメマス用にアレンジしてみました。

お店のトラウト担当さんも私も、夏も秋のもヒメマス釣りが好きなんです。

近年盛り上がりを見せているこの釣りですが、ニッチなためか使いやすいルアーが中々無い状態でした。

どうにかならんかと思って、まずはアマトン50MDFを開発して、今度はオーソドックスなものとしてレテノールを秋の接岸釣り用にアレンジ。

ゆっくり誘いやすいように少し軽くしてみてます。

標準が3.3gですが、これは2.8gまでダイエット。もう少し絞ってもいいかなと思ったんですが、ある程度投げやすさもキープした方が良かろうと今回はこれ位に。

アルミを貼らずに塗装のみの仕上げになってるので、より機敏に動くようになってます。

そのためアイ調整が少し繊細になってます。

大体真っ直ぐ泳ぐようにしてますので、アクションの強弱は使い手が微調整していただければと思います。(タダ巻きではタイトな泳ぎです)

カラーは、左右違いの蛍光ピンクと緑。

担当さんと何気ない会話から生まれたカラーですが、上から動きを見るとめまぐるしく明滅するようで、人の目からこうなのだから水中の魚にとっては相当なインパクトなはず。

釣果には全く関係ないと思いますが、3Dアイも左右で色違いのマジョーラ仕上げです。

角度によって色が変化します。

 

価格は、バルサモデルとしては控えめに、¥2500となっております。

これはイーハトーブ釣具店さん企画の限定モデルとなります。

販売開始されておりますので、興味ある方は宜しくお願いいたします。

 

終盤戦

 いよいよ今シーズンも残り1ヵ月となってしまいました。

岩手は安定しない天気が続いてますが、日中の風もさわやかになり、数日前にはアキアカネを見掛けましたし夜に鳴く虫の声も聞こえるようになりました。

まだ時間は残っていますが、残りにどういう釣りが出来るかなと気になってきますね。

 

釣果投稿いただいております。

こちらは昨年秋に釣られたもので、山形の齋藤さまより。

 

コメント

「禁漁までのラストに通い慣れた近くの里川にて。
以前から気になっていたレテノールは購入後初めて使いました。
ヒット後なんとかネットイン、スプリットリングが曲がるほどのサイズにビックリ!
この川で最大のイワナを釣ることが出来ました。レテノール最高です。」

Tackle
Rod  EXC510UL
Reel Cardinal3 
Line  GTR
Minnow Rhtenor 48S

 

シーズンラストは何処に行くか行けるか迷うものですが、通い慣れた場所が最後にどうなっているのか気になってしまいますよね。誰にも、そういう存在があるものだと思います。

遡行時間やポイントが頭に入っているから、いい意味で力を抜いて歩ける。

自然と集中力が高まってキャストも決まった先に、素敵な出会いがありましたね。

季節も進んでくすんできていますが、ヒレも綺麗で肌は艶やかです。その眼には、アングラーと色付いた景色が写っていたのかもしれません。

この先に無事に産卵に参加して、冬を越した姿に再会や子孫たちが続いて良ければ素晴らしいです。

 

釣果投稿有難うございました。

 

 

レテノール特別仕様は、もうすぐ完成です。

ビビッドな仕上がりになりそうです。

新たな相棒

最近は最低気温が20度を下回る様になってきて、確実に秋へ移り変わってきていることを実感します。朝晩は空気がひんやりしてきました。

夏の終わり、秋の始まりですな。

秋になる、渓流シーズンの終わりが近づいてくると思うと、ちょっとした寂しさと焦りも感じたり。

 

そんなことを思っていたタイミングで、釣果投稿いただいております。

岩手の斉藤さまより

コメント

「連日の猛暑により、暑い暑いと嘆いてばかりでしたが、やはり岩手は盆を過ぎると急に秋を意識させられます。
連休中のプレッシャーにより苦戦が予想されましたが
竿抜けだったのか、良いヤマメが飛び出しました。
さらに新調したロッドを試すために、ムダにフルキャストしながら釣り上がると何の変哲もない流れからも良いヤマメが飛び出しましたが、コチラは撮影前に逃走されてしまいました。
渓流域では珍しい距離でのヒットに遠投も武器になる事を痛感しました。」
秋色に染まり始めた33センチ

Tackle

Rod: ティムコ エンハンサー51tw
Reel: カーディナルEX
Line: PE
Minnow: Rh52HS ヤマメ

 

毎年、こちらを唸らせてしまう写真を見せていただいております。

夏のコンディションを維持したまま、側面がピンクに色付きはじめた美形。

この魚体をショートロッドと非力なカーディナルで受け止めるのですから、やり取りは痛快に違いありません。

コメントにある通り、昨今の状況では魚にプレッシャーをかけないアプローチが重要な場面が多くあります。Rh52HSとPEの組み合わせは、相当に飛んでくれるはずです。

あちらから気取られない距離から送り込んで、PEのダイレクトさを活かしビラビラっとアピールに堪らずバイトしてしまったのではないでしょうか。

贅沢な入魂相手に羨ましい限りです。

釣果投稿有難うございました。

 

 

遅れてしまっておりますが、17シーズン釣果投稿者様用プレゼントミノーは、9月上旬の完成を予定しております。

来週には、レテノールの特別モデルの完成を予定しております。

AAM2018に出展します

今年の夏は暑かったですね。

気温が40℃を超えただのと度々報道されてました。

これは温暖化の影響でしょうか。

毎年局地的豪雨による災害が何処かで起きているように感じますし、自然をコントロールすることなど不可能だと思い知らされます。

 

気付けば、18シーズンも残り1ヵ月程となりました。

まだ暑い日がありそうですが、秋を意識する時期になってきました。

 

今年の荒雄アングラーズミーティングに出店予定です。

開催日時は、2018年10月6日~7日ですが、ウチは6日のみとなっております。

何タイプかのミノーとカーディナル用のパーツを持ち込むつもりです。

 

荒雄アングラーズミーティング2018

https://aa-meeting.themedia.jp/

 

来月まで納品数が多いので、ごたごたしてますが間に合いますように。

発送しました

暑いです。

今日は今夏で一番暑かったかもしれません。

堪らず冷房を掛けてしまいました。

今まで扇風機で何とかなってたので、なんだか負けた気分。

 

 

大変お待たせしておりました、アドニス50Sですが完成しましたので、本日発送しました。

発送先は、秋田のD-LOOPさんです。

各色あります。近日中に店頭に並ぶと思います。

これから、後半戦の釣りで投げてやってください。

レンジキープ力

毎日、暑い日が続いています。

水温も上がり、人間だけではなく魚もバテていそう。

県南東部と西和賀は幾らか降ってるみたいですけど、早く潤いが欲しいところ。

 

釣果投稿いただきました。

岩手の玉川さまより。

コメント

「朝イチでは入渓できなかったので、諦め半分で川に向かいました。川に着くと、水量、水色ともに申し分なし。先に叩かれただろうと思いながら、1投目を投げようとベールを起こしたら変な音が(汗)
ベールスプリングが折れてました。

まだ釣り始める前で良かったと思いながらスプリング交換(笑)
気を取り直し1投目、幸先良く銀毛ヤマメが掛かり、もしかしてまだ叩かれてないかもと期待しながら一級ポイントへ。期待して攻めましたがコッパばかり。やっぱりダメかと釣り上がると流れ込みが深めの瀬が。

とりあえず様子見でとキャストしたら、いきなりガツンと手応えがありました。

反射的にアワせた(と思います)ら、ドラグを鳴らし首フリしたのて、尺オーバーのイワナかも?と思いながらやり取りしてると魚体が見えて、思わず「太っとぉ!!」と声に出してしまうほど太い魚体の唐草模様が見えて、50センチクラスかぁ、と期待しながらネットイン。
ネットの中のイワナを見て、久しぶりに40オーバー確定で自己記録更新かもと思ったのですが、いざ計るとピッタリ40センチ(汗)。
あまりに太すぎのイワナで、最近大きいのを釣ってないから目測を誤りました(笑)
立派な魚体の三つ口イワナで満足できました。けど、やっぱり長さがもうちょっとあればなぁと思いながら、にやけ顔で帰宅しました。」

 

Tackle

Rod   EXC510ULX

Reel  Cardinal33

Line   PE

Lure  Rh50S

 

背中の唐草模様とヒレピンのマッチョなボディはまるで魚雷のようです。

目測を誤らせるほどの体躯に、これはわがままに言う事をなかなか聞いてくれそうにありません。

お腹の中にはアユや子ヤマメが詰まっていそうです。

春にちょっとだけ作ったRh50Sですが、ウチのミノーの中では下のレンジを攻めるのに向いておりますが、ちょうど深瀬にマッチしたのでしょう。

52HSよりもロッドの負担も少なく扱いやすくなっているので、活躍の場面は多そうですね。

釣果投稿有難うございました。

 

 

月末頃に、アドニスの発送を予定しています。

 

納品しました

気付けば7月下旬、いやいや早いですね。

毎年同じこと言ってる気がしますが、つい先日まで5月の新緑の中で釣りをしていたイメージです。

梅雨も終わって、天気予報を見れば連日の30℃越えです。

今日は作業部屋の気温が35℃まで上がってました。

週末も暑いでしょうから、皆様しっかりと水分補給して熱中症・日射病にならないよう気を付けてください。水面からの照り返しも厳しいものがあります。

 

イーハトーヴ釣具店さんに、カーディナル用のバネを納品しました。

バネは予兆を感じることなく折れてしまうもの、予備は用意しておきたいですね。

次は、アドニス50Sの発送を予定しています。

ご来場有難うございました

23~24日にかけて行われた、西和賀クラフトマーケットでしたが両日天気に恵まれ盛況となりました。

出展数は60程と今までにない数となり、来場者数も600人程度となり過去最高となりました。

釣具関係だけでなく、雑貨や飲食関係の出店が多く、色々と眺めるだけでも楽しいイベントでした。

食品サンプルなんかのアクセサリーを出品されてる方も居て、その仕上りに感心しました。

うちのミノーやらリール部品もぼちぼち嫁に出て行ったので、現場でビシビシ扱いてやってくださいませ。

お買い上げ頂き有難うございました。

 

ご来場いただいた皆様、関係者の方々、ありがとうございました。

週末は、クラフトマーケットへ

6月23~24日に行われます、西和賀クラフトマーケットへ出店します。

出展内容は、ミノー2種類(7パターン)、カーディナル用リール部品(SUSバネ、スムースドラグワッシャーセット)です。

ドラグワッシャーを組み込んだデモリールを持ち込みますので、ノーマルとの作動の違いを確認ください。

ミノーは、盛期に突入してそれ程経ってませんが、暦を見るともうすぐシーズン後半戦。

これから秋にかけて活躍してくれそうなカラーパターンにしてみました。

そろそろ魚たちも定番色を学習してくる頃です。

奇抜なのも有ったりしますが、個人的に実績はあるし釣れると思って塗っております。

 

一般来場者の開場は、10時から。

場所は、沢内バーデン近くの志賀来スキー場の体育館です。

それっぽい建物は、それ以外にありませんから近くまでくれば分かると思います。

当日、近くには看板が出ているはずです。

1号線からのT字路曲がるところだけお見逃しなく。

 

今年は、出展者も増えて70近くになったとのことです。

雑貨関係も多く、他業種の方のも色々と眺めるだけでも楽しめるかと思います。

皆さんのご来場、出展者一同お待ちしております。

ロッドを弄る

岩手も梅雨入りになったそうです。

例年よりも3日ほど早いとか。最近は雲が多い天気が続いて気温が上がってきません。

だけども、雨も降らないので川は低水温渇水になってます。

水温は低いですけど、温度変化は少なく良くも悪くも安定してるので支流ならば結構遊べる感じです。先週、日曜午前中だけ近いところに様子見に行きましたが、15ヒット位は遊んでもらえました。

ぷりぷりしてたので、もう少し水温上がればさらに良くなりそうですね。

 

前々から、竿を弄ろうと思ってノロノロと準備を進めてました。

今付けてるガイドが気に入らなくなってきたので交換と、新規で組むヤツもあったので。

今までは、ガイドだけはビルダーさんにお願いしてましたが、これからは全部自分でやってみようかと。

それで、ロッドドライヤーが必要になるのだけど、メーカーの既製品はどう考えてもコスパ悪いです。

写真じっくり見てると、面倒なのはチャックの部分だけで、残りは単純なものです。

造れそう・・・、

そう思ったら、自作しかありません。

シンクロナスモーターは、熱帯雨林で収穫。

遥々、中国から郵送されてきました。

送料込みで、¥650。

現地では、一体幾らで売ってるのでしょう?¥300とかでしょうか、凄い。

ホーマックで、カプラーとスイッチ付きコードを購入して繋ぎます。

コードでコンセント直結でも問題ないですが、それではちょっとスマートではないですよね。

土台はブックエンド。適当な高さにネジ穴開けて、モーターを取り付けて御終い。

本家のも鉄板曲げただけのものです。

 

片方の受け側は、モーター側が出来たところで各所の大体具体的な寸法を出します。

簡単でもいいから、ポンチ絵とか描いてやったほうが後々の失敗を防ぐことが出来ます。

完成後、使ってみると改善点は直ぐに見つかってしまうものですが、こういうのは組み立てて左右対称にならないとすごく気持ち悪いですからね。

寸法が分かっていれば、材料の切り出しで手間取ることも無駄にすることも有りません。

ラッキーなことに近くのコメリで、ドンピシャかと思う程の端材が格安でありました。

係りの人に頼んで、カットしてもらい、L字金具を合わせても総額¥300程。

素晴らしい。

釘、金具、エポキシを使って、ちょちょっと組み立てて完成です。

 

チャックだけは既製品を買いましたが、総額でも市販品の半額程度(¥2700くらい)に抑えることが出来ました。

次は、実際にガイドを打ち換え作業です。

 

発送しました

毎度、お待たせして申し訳ありません。

アドニス50S、各色完成しましたので、遠野の正一屋さんに向け発送いたしました。

近日中にお店に並ぶと思いますので宜しくお願いいたします。

6月になり、未だ水温低めのところもあるもののハイシーズン突入かというところです。

積極的に採餌活動を繰り返しているでしょうから、各種ベイトを連想させるものは抑えておきたいところです。

虫だったり小魚だったり、ちょうど稚アユも放流されてる頃なので、そういうものを試してみたいですよね。

乗らないアタリ

釣りをしていて、手元に大きく感触が伝わってきているのに、どうしても乗らないアタリというのがあります。

ガツン!とこちらがビックリするほどの衝撃で、これだけの力ならば勝手にフックが貫通していてもおかしくないのにさっぱり掛からない。

釣り人に興奮と残念な気持ちにさせるアレ。

 

個人的には魚が直接目視できていないブラインドの状態での経験が多い気がする。

 

普段、小さく浅い川での釣りを好んでいるので魚が目視できることが多い。

静かにアプローチしていれば、キャスト前に定位してる者やライズを確認できること珍しくない。

それで、テリトリー争いなのかヤマメ同士が追いかけっこ・喧嘩しているシーンに運良く遭遇したことも何回か。

面白いので、どうなるのか見ていたところ、結局はどちらかが優位に立ち片方を追い払うのだが、相手を攻撃する方法に噛み付きと体当たりがあることが分かった。

回数を数えたわけではないので憶測の域を出ないのだが、体格差がある場合は噛み付きの場合が多い。

同程度の体格の場合は、体当たりをすることが増える気がする。

それはもう、結構な勢いで相手に突っ込んでいく。相手の側面を狙っているようにも見える。

 

これが乗らないアタリの正体のような気がするのだ。

 

つまり、凄い勢いでアタックしているにもかかわらずバイト(噛む)でなはいので針掛かりしにくい状態になっている。

ルアーそのものに体当たりしている。

激しいアタリで乗った場合に、スレ掛かりが珍しくなかったりするのもこういうことなんじゃないかと。

ルアーを食べようとしているのではないのですね、きっと。

 

体格差がある場合に噛み付きが多いのは、大きい方が有利なのが当たり前なので相手にちょっと痛い目に遭わせれば大抵はそれで決着がついてしまうからだろう。

同程度の相手では、ちょっかい出す程度ではなかなか優劣が決まらず、はっきりと自分の力を相手に分からせる必要があるのだと思う。

 

新型

GWも過ぎてやっと水温が安定してくる頃合いになってきました。

北部はまだ寒さを感じることも有るでしょうけど、盛期までもうすこしですね。

 

釣果投稿いただきました。

富山県のTkfmさまより。

 

コメント

「北陸ではまだ4月だというのに早くも夏のような日差しが照りつけております。そんな中、良型の岩魚を探しに出かけてきました。

日差しは強いもののまだ雪代が入っているため水温は冷たく魚の活性はさほど高くない様子。

ポツポツと可愛い山女魚や虹鱒が釣れる中お目当ての岩魚はなかなか姿を現わしません。

普段はエスケープする橋の下で迷いましたがもう少し上流を目指す事に。

暫く釣り上がった先には底石が絡む流れ込みがありその先はゴルジュが続く深いプールの為それ以上は進む事が出来ません。

時間も昼12時を回っておりましたが先行者の気配も無かったので最後のチャンスと底石と底石の間のスリットにミノーをキャスト、軽く沈めてワンアクション入れた瞬間もの凄い勢いで何かが飛び出してきました。

クリアウォーター更には日差し全開でまる見えの真昼間にもかかわらず一心不乱にミノーを追い回し1発でヒット。やり取りの最中はあまりに走り回るので虹鱒だと思っていたのですが手元に寄せてくるとまさかの岩魚でびっくりしました。

サイズも41cmとなかなかの良型で大満足の1匹となりました。

新作のRh50Sは抜群のレンジとそのレンジを最後まで維持する能力に長けているので一度使ったら病みつきになってしまいました。」

Tackle

Rod:SMITH/TLB-63DT

Reel:SHIMANO/Vanquish2500HGS

Line:YGKよつあみ/G-soul X8 UPGRADE    PE

Minnow:Rh50S ウグイ

 

昨年、限定でRh52HSをベースにアワビ仕様を作ってみたのですが、思いのほかレンジキープ力に優れビラビラっと動いてくれたので、これをアルミだけで仕上げたらもっと機敏に動いてくれるんじゃないかと狙った作ったのがRh50Sです。

ヘビーモデルの52よりも軽くなってますが、タダ巻きでの深度はこちらが下になってます。軽くなった分、ULロッドでも扱いやすくなってると思います。

Tkfmさまには、ビルダーの狙い通りの使い方をしてもらえたようで嬉しいです。

ウグイカラーですが、時期と場所によっては特効カラーになりうる可能性を秘めているので、初夏に楽しみなカラーでもあります。

 

釣果投稿ありがとうございました。

 

17シーズンに投稿してしてくださった皆様向けのプレゼントミノーですが、現在制作中です。

お待たせして申し訳ありませんが、しばらくお時間下さい。

発送しました

レテノール48S 友禅紙モデルが完成しましたので、本日発送しました。

発送先は、秋田のD-LOOPさんになります。

お待たせしてしまいまして申しわけありません。

 

最近は、気温が安定しませんね。

水温も影響を受けてるようでお魚さんの御機嫌も波がある感じです。

週末から暖かくなるみたいなので、これからが良いんじゃないでしょうか。

友禅の黒ですが、虫が多くなった6月くらいから水面付近で沈めずにちょこちょこ動かしてやると下から喰い上げてくるときがあります。

色と模様が虫を連想させるのか、覚えておくとエキサイティングなシーンが見られるかもしれませんよ。

やっております

前回の記事から間が空いてしまいました。

大丈夫、ちゃんとやっております。

告知はしておりませんが、4月にも納品したりしてます。

来週は、写真の友禅紙モデルを発送します。

今回から、黒いのは柄が変更になってます。

落ち着いた感じがしてよろしいんじゃないでしょうか。

先月下旬にようやくまともな釣りをして、山岳渓流まで行ってきました。

小さいですが、とても綺麗で個性を感じさせる個体が釣れました。

薄い膜で覆われた様な肌と、側線に沿って浮かぶオレンジを燻したような色合い。

上下二段に分かれたパーマーク。

今の時代、混じり気のない純血種との出会いを望むのは無理なのかもしれませんが、少しでも血統を感じさせる魚を釣りたいと思っています。

展示会終了

週末にイーハトーブ釣具店さんで行われましたイベントが終了しました。

ご来場いただきましたお客様、共に参加してくださったメーカー・ビルダー様、貴重なお話・意見が聞けて興味深く大変参考になりました。

誠にありがとうございます。

 

東京では既にサクラも開花して春本番といったところ、ちょうどイベント期間中に北上川河口ではまとまったサクラマスの釣果もありました。

今シーズンの釣りが楽しくなってきます。

 

イベントとは別に、レテノール48S も完成しましたので、下記釣具店さま宛に発送しました。

 

丸栄釣り具店

釣具の正一屋

ノーザンレイク

 

近日中に店頭に並ぶと思いますので、こちらも宜しくお願いいたします。

明日はイベントです。

明日からの土日の2日間、イーハトーブ釣具店さんで開催されますトラウトファンミーティングに参加します。

モルフォも幾つか数色の限定品を持ち込み、販売展示します。

イベント時間は、両日10~17時までとなっています。

皆様のご来場をお待ちしています。

毎年、ギリギリの完成でしたが珍しく今年は数日余裕がありました。

来週は最高気温が20℃まで上がるみたいで3月末とは思えない陽気になりそうですね。

確認願います

21日夜に、カーディナルのベールスプリング購入についてお問い合わせいただきましたK様。

 

こちらからの案内がアドレス違いと判断され、返ってきてしまいます。

恐らく返信が届いていないと思われますので、メールアドレスをよくお確かめの上、再度問い合わせください。

内容入力欄に、お持ちでしたら別のアドレス(Yahooメール等)を追加していただくと、より確実かと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

イベントのお知らせ

3月24~25日に行われます、イーハトーブ釣具店さんのイベント トラウトファンミーティングに今年も参加します。

モルフォは、イベント限定カラーを持ち込みます。

当日はブース付近をうろうろしてますので、気軽に話しかけ下さって結構です。

ユーザーとビルダーの貴重な交流の場となり、各ブランドの色んな作品が並ぶでしょうから、眺めるだけでも楽しいものです。

よろしくお願いいたします。

 

一気に上昇

8日から続いた雨で、河川水位の上昇が凄い事になってました。

水量もそれなりに降りましたが、気温の上昇もあって雪融けがかなり進みました。

県南では氾濫危険水位を超えたところもあり、これから引いていきますが十分注意が必要です。

残念ながら週末は釣りをせずに大人しくしていた方が良さそうです。

今冬に孵ったばかりの稚魚達も多くが流されてしまったと思います。

まだ遊泳力に乏しい彼らは避難することが難しいはずですが、少しでも生き残っていてほしいと願うばかりです。

 

 

*2~3月は、新シーズンのに向けた準備でワッシャーセットを注文される方が増えていますが、現在、少し在庫がありますので直ぐに発送が可能です。

これよりブログの過去記事を御読みになりたければ、各"カテゴリー"(製作雑多・TIPS・From Stream and Lake ・・・)をクリックしてください。そうすれば、それぞれの過去の記事を見ることが出来ます。

御手数ですが宜しくお願いいたします。